真夜中の恐怖

2017.09.23 00:19|事件
24時ちょい前、風呂から上がり廊下に出ようとした瞬間
ぎゃーーーっ。叫ぶ私。
一時間程前に就寝した母が
飛び起きるかと思いきや、無反応。
えーーー、おかあさ・・・
ぎゃーーーっ。
だって、だって、黒い大きなものが浮遊
ゴキブリなんかじゃない、そんなモンなら平気さ。
風呂の扉を少し開けて、様子を伺うと
まるで向かって来るように飛行してくる。
こんな、恐怖、久しぶりだ。
飛べなかったバンジーとは又、違う恐怖。
鳥肌が立っていた。
居間と廊下を周回している感じで
風呂の扉に近づくと
私の悲鳴。
薄暗がりの照明で、大きな影がフワフワとするのが
余計恐怖。
怖い、怖すぎる。
何度目かの悲鳴に、さすがに、ベットの上から
『  アブラムシじゃないのぉ  』母。
          『  ちっがーーーう。』私。
母は、私の悲鳴が
近所迷惑になることの方を恐れ
救援に。
          『   おるでしょぉ、おるでしょぉ  』


『    コウモリだわ。』
((((;゚Д゚)))))))  
母さん、なんで冷静??なんて屈強!!

こんな時?の為に用意してあった
虫取りアミ( 百均)を手にしてきた
我が母上、強い。
しかし、怖すぎて見られない。
2センチ開けた扉から
大きいでしょぉ、はよぉ捕まえてぇぇ  
『  あれぇ、いなくなっちゃっ た 』
∑(゚Д゚)  まさか、店に行ったんぢゃないのぉぉ
タモを持ち、店に異動。
『  あ、ほんとおる! 』
バンっ!タモを落とす音。
やった?捕まえた??
『  あれ?どっか行っちゃった。 』
数分しても出てこない。
うっそぉぉーーー、まさか、二階にいってまったんじゃないのぉ
私はもう半泣き。
『  お母さんが、あんたの部屋見てきてあげる 』
おがーーーぢゃーーーん(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
トボトボ後ろを付いていく。
『 おれへん、おれへんで、まぁ、戸閉めて早よ寝やぁ』
だけど、もしかして私の部屋に潜んでいたら・・・
怖いから、日課の“ やすらぎの郷 ”を見ながら寝よう。
すると、階下から、獲ったどーーー、ならぬ
『   捕まえたでね!   』
見せに来ようとしたらしいが
ノンノン!
母さん、ありがとう。
み、見なくていいから、もう、どっか、やっちゃって!

それにしても、
かつてはニシキヘビを、マフラーにしたこともあるのに
不法進入のコウモリがこんなに怖いなんて
私ってびびりぃ。
それにしても、どっから入ってきたんだろ。
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 EN (えん)

Author: EN (えん)
以前(1998)からの
「おねえのへなちょこ日記」みたいなのも
こちらにありますのでよろしければご覧ください
おねえと言っても今風のオネエではないので^^;
http://swing-swing.com/henatyokonikki/2007%20TDR.html

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ